健康.美容,体験

健康食品の底力

様々な食品が流通している中で、そういったものに逆行するかのように健康になるための食品というものも存在しています。

 

それは●●を飲めば痩せます、といったまがいものの話ではなく、古来から言われるような効能のある様々な食品群のことです。

 

 

 

例えば、お米一つとっても玄米、麦、あわ、ひえ、また古代米と呼ばれる赤米、黒米、緑米などがあります。

 

一般的にどれも白米より栄養価が高く、毒素を排出する働きの強いものが多くです。

 

 

 

そして、お茶など。

 

ビワ茶やトチュウ茶、ゲットウ茶、イチョウの葉茶など、これらのお茶にもミネラルが多く含有されており、老化を防ぐ力があったり、健康増進の成分が多数含まれて居ます。

 

 

 

そして極めつけはタイ料理で使われるホーリーバジルやパクチー、またの名を香菜ともいいますね。種子はコリアンダーです。

 

これらはあの放射能における被曝を防ぐ効果もあるといわれ、現在一部で大変注目されるハーブです。

 

 

 

ホーリーバジルはガパオなどの炒めものにして食べる他、家の前で育てると不浄なものを寄せ付けないとも言われていますし、乾燥した茶葉は同様の効能をもったハーブティーとして使えます。

 

パクチーもエスニック料理に欠かせないスパイスなので、特に説明は不要ですよね。

 

 

 

私たちが知らないだけで、本当に効果のある食品というのは身の回りに多くあります。

 

まがいものには騙されないように気をつけて生きないといけませんね。

 

ダイエットはあせらない

ダイエットを始めるときにまず最初にやらなければならないことは、

 

今の自分の姿を認識することです。

 

 

 

今の自分がどんな姿をしているかがちゃんと分かれば、

 

自分の目指すべき理想の姿というのも具体的に分かってきます。

 

 

 

私は風呂上りに鏡で自分の姿を確認するようにしています。

 

 

 

そして「この二の腕の肉をなんとかしなきゃ」とか

 

「この腹をもっとへこませたいんだ」とか、

 

自分の痩せたいところを常に確認しておきます

 

 

 

メジャーで測って具体的に数値を出しておくとより良いかもし れません。

 

 

 

そうすると「痩せるためにがんばってやるぞ!」という気持ちが湧いてきて、

 

それがダイエットの実践につながります。

 

 

 

ただし、あせりは禁物です。

 

 

 

ダイエットを始めて一週間経ってから鏡を見て、何も変化が無いからと

 

いって「痩せてない!どうしよう!」とあせってしまい、

 

挙句の果てにやる気がなくなってしまうのでは意味がありません。

 

 

 

ダイエットは目に見える形で結果が出るまでには一ヶ月以上かかること

 

もあります。

 

 

 

その事実を忘れずに、あせったりしないことが大切です。

 

 

 

ダイエットの効果が出てくるとそういった気になる部分に変化が出てき ます。

 

 

 

それを確認するとがんばろうという気持ちがますます高まり、

 

ますますダイエットに意欲的になることができます。

 

 

 

そうなってしまえばしめたもの。 ダイエットが非常に楽しいものになり、

 

「我慢してダイエットをする」という意識が無くなっていきます。

 

 

 

とにかくあせらないようにしましょう。